name_untitledのエッセイ

IT関係で知ったことなどを記事としてあげていきます。内容に不備や質問などあればぜひコメントをよせてください。

顧客情報、製品情報、メンテナンス情報が整頓されていないシステムのデータ移行について

今参加しているプロジェクトの話です。

企業向けの単価高めの機械を作っている会社の情報システムのリプレースプロジェクトに参加しているのですが、製品1点ごとの製品番号というものがなく、モデルの情報と注文情報、そしてその時々の構成(変更)情報が記録されている。本当は注文番号分けないといけないのに

 

困っているのは、お客さんから連絡があった時にその製品がどのモデルで、今どういった構成になっているか分からないとのこと。定期的にスタッフの異動もあるので、他の部署に移った生き字引に聞いたりなどしてなんとか対応しているとのこと。

 

この話をリーダーと一緒に聞いた時は、2人してどうしたものかと途方にくれてましたが、ちょっと思いついたのでメモがてら投稿します。

 

最初に考えていたのは納入した製品1つ1つにIDを振って一気にデータ移行をするというもの。ただ、これは移行にすごく時間がかかるし、成果が見えにくいので途中で頓挫する可能性が高い。

 

で、今考えているのが、名寄せ方式。これは以前にやった銀行のプロジェクトで聞いた考え方。個人が複数支店でもっている口座や、家族の口座をまとめることらしい。名寄せをすることによって、より状況にマッチした金融商品の勧誘を行えるようになるんだとか。今回のプロジェクトでは注文&製品単位でIDを振れるようにしておく。そして、ある製品の履歴が必要となった場合に、人力で名寄せを行って、その結果を登録する。そうすることによって、次第にデータが統合されるのでは?と思っています。

 

結論から言うとデータ移行で解決するのではないのでタイトル詐欺な気がする(笑)