name_untitledのエッセイ

IT関係で知ったことなどを記事としてあげていきます。内容に不備や質問などあればぜひコメントをよせてください。

関ジャム感想 失恋ソングの歌詞

今日も関ジャム見ていたが、すごく面白い。今日心に刺さったのは、作詞家いしわたりさんの言う「行間を書く」という言葉。

いしわたりさん曰く、歌詞というのは何を書くかに終始しがちだけど、何かを書かないかも大事。歌詞から、聞き手が書いてないことについて想像をふくらませる、それが大事とのこと。なるほど。

例として取り上げられていたのが、Superflyの「愛をこめて花束を」だった。「あの日と同じポーズで」というので聞き手が色々と想像するそうだ。たしかに自分の過去を思い出してしまう気がする。

www.youtube.com

 

この書かないことによる作詞の対極がジッタリンジンの「プレゼント」じゃないだろうか。

www.youtube.com

この歌では男のくれたプレゼントを列挙していく。このうっとうしいまでの列挙が会った回数や、思い出を想像させてくれるのかも。