name_untitledのエッセイ

IT関係で知ったことなどを記事としてあげていきます。内容に不備や質問などあればぜひコメントをよせてください。

Rails勉強しようと思ったらのっけからつまづいた。(Windows8.1でSQLite3のインストールができない)

Railsチュートリアルに従って勉強を始めたが、ネット環境が悪いためCloud9がちょっともっさりしてた。そこでローカルで環境を用意しようと思ったのがけちのつき始め。いくつかサイトを参考に、Railsのインストールまでは出来たが、SQLite3のmake&installがうまくいかない。

ネットでググると海外でもwindowsでやるのは厳しい、バージョン上がったら誰か凄腕プログラマーWindows用の対応するのを待つ羽目になるとか色々と書かれていたので、諦めてVMWareでやることにした。実際レスポンスが早いならOSはなんでも、、、。

UbuntuVMを用意して、以下のサイトに従ってインストールしたらサクッとプロジェクト作成、deployまでできた。

kwski.net

kwski.net

 

WindowsからはRubyごと削除。

d.hatena.ne.jp

heroween.hateblo.jp

Android Studioでサンプルアプリを作って、エミュレータで動作確認しようとしたらこんなエラーがでた。

f:id:name_untitled:20170518124733p:plain

Error:java.lang.RuntimeException: com.android.build.api.transform.TransformException: com.android.builder.packaging.DuplicateFileException: Duplicate files copied in APK META-INF/LICENSE

ググったら、appのbuild.gradleにライセンス関係のファイルを除外する記述をするといいと書いてあった。

android {
    packagingOptions {
        exclude 'META-INF/DEPENDENCIES.txt'
        exclude 'META-INF/LICENSE.txt'
        exclude 'META-INF/NOTICE.txt'
        exclude 'META-INF/NOTICE'
        exclude 'META-INF/LICENSE'
        exclude 'META-INF/DEPENDENCIES'
        exclude 'META-INF/notice.txt'
        exclude 'META-INF/license.txt'
        exclude 'META-INF/dependencies.txt'
        exclude 'META-INF/LGPL2.1'
    }
}

 

stackoverflow.com

 

 ライブラリのライセンス関係のファイルがかぶったりしてるのかなぁとおもっているけど、とりあえずは良しとしてまた確認する。

 

Messenger ChatBot をHerokuで作るメモ

byuzensen.com
qiita.com



package.json

{
  "name": "chatbotfblaojp",
  "version": "1.0.0",
  "description": "chatbot app for facebook messenger",
  "main": "index.js",
  "dependencies": {
    "body-parser": "^1.17.1",
    "crypt": "0.0.2",
    "ejs": "^2.5.6",
    "express": "^4.15.2",
    "request": "^2.81.0"
  },
  "devDependencies": {},
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

index.js

const
  bodyParser = require('body-parser'),
  express = require('express'),
  crypto = require('crypto'),
  req = require('request');

var app = express();
app.set('port', process.env.NODE_PORT || 5000);
app.set('view engine', 'ejs');
app.use(express.static('public'));
app.use(bodyParser.json({ verify: verifyRequestSignature }));

app.get('/webhook', function(req, res){
  if (req.query['hub.mode'] === 'subscribe' &&
      req.query['hub.verify_token'] === '') {
    console.log("Validating webhook");
    res.status(200).send(req.query['hub.challenge']);
  } else {
    console.error("Failed validation. Make sure the validation tokens match.");
    res.send(403);
  }
});

app.post('/webhook', function (req, res) {
  var data = req.body;

  // Make sure this is a page subscription
  console.log(data);
  if (data.object === 'page') {

    // Iterate over each entry - there may be multiple if batched
    data.entry.forEach(function(entry) {
      var pageID = entry.id;
      var timeOfEvent = entry.time;

      // Iterate over each messaging event
      entry.messaging.forEach(function(event) {
        if (event.message) {
          receivedMessage(event);
        } else {
          console.log("Webhook received unknown event: ", event);
        }
      });
    });

    // Assume all went well.
    //
    // You must send back a 200, within 20 seconds, to let us know
    // you've successfully received the callback. Otherwise, the request
    // will time out and we will keep trying to resend.
    res.sendStatus(200);
  }
});

function verifyRequestSignature(req, res, buf) {
  var signature = req.headers["x-hub-signature"];
  if (!signature) {
    console.error("Couldn't validate the signature.");
  } else {
    var elements = signature.split('=');
    var method = elements[0];
    var signatureHash = elements[1];

    var expectedHash = crypto.createHmac('sha1', '')
                        .update(buf)
                        .digest('hex');

    if (signatureHash != expectedHash) {
      throw new Error("Couldn't validate the 4 signature.");
    }
  }
}

function receivedMessage(event) {
  // Putting a stub for now, we'll expand it in the following steps
  console.log("Message data: ", event.message);
}

function receivedMessage(event) {
  var senderID = event.sender.id;
  var recipientID = event.recipient.id;
  var timeOfMessage = event.timestamp;
  var message = event.message;

  console.log("Received message for user %d and page %d at %d with message:",
    senderID, recipientID, timeOfMessage);
  console.log(JSON.stringify(message));

  var messageId = message.mid;

  var messageText = message.text;
  var messageAttachments = message.attachments;

  if (messageText) {

    // If we receive a text message, check to see if it matches a keyword
    // and send back the example. Otherwise, just echo the text we received.
    switch (messageText) {
      case 'generic':
        sendGenericMessage(senderID);
        break;

      default:
        sendTextMessage(senderID, messageText);
    }
  } else if (messageAttachments) {
    sendTextMessage(senderID, "Message with attachment received");
  }
}

function sendGenericMessage(recipientId, messageText) {
  // To be expanded in later sections
}

function sendTextMessage(recipientId, messageText) {
  var messageData = {
    recipient: {
      id: recipientId
    },
    message: {
      text: messageText
    }
  };

  callSendAPI(messageData);
}

function callSendAPI(messageData) {
  req({
    uri: 'https://graph.facebook.com/v2.6/me/messages',
    qs: { access_token: '' },
    method: 'POST',
    json: messageData

  }, function (error, response, body) {
    if (!error && response.statusCode == 200) {
      var recipientId = body.recipient_id;
      var messageId = body.message_id;

      console.log("Successfully sent generic message with id %s to recipient %s",
        messageId, recipientId);
    } else {
      console.error("Unable to send message.");
      console.error(response);
      console.error(error);
    }
  });
}

var port = process.env.PORT || 5000;
app.listen(port, function() {
  console.log("Listening on " + port);
});

module.exports = app;

Windows 共有の詳細設定の情報をバッチで出力する。

ちょっと知り合いから質問されたので、調べた。

ネットワークの画面上で見えないPCがあるらしく、原因を調べたいとのこと。ぱっと思いついたのはコントロールパネル>ネットワークと共有センター>共有の詳細設定の設定がまずいのではということ。

これをいちいち確認するのではなく、バッチファイルで出せたらなぁと思って調べたらこんな記事がありました。

共有の詳細設定をプログラムから確認する方法

 

ネットワークの種類や規則名でも選んで出力が出来るみたい。

とりあえずこんな感じでバッチファイルを書きました。

netsh advfirewall firewall show rule all profile=private >> text.txt

 

 

Androidのmobile visionでバーコードを早く読みたい(未解決)

友人がAndroidアプリ開発してて、GoogleのMobile Visionを利用しているのだが、フォーカスが合うのが遅いらしい。上手く固定すると、1~2秒だが、ブレたり、固定しそこなうともっとかかるとか。Autofocusにはしているので、パッと見はこれ以上手を打てないように見えるけど、いい方法ないでしょうか?

github.com

developers.google.com

解像度を手で設定できたらいいような気もするけど、、、。

 

もう少し説明すると。移動しながら使うため、Android用の外付けバーコードリーダーも使えない。作業者は操作が上手じゃないからAutofocus機能だけではちょっと難しい、、、。

 

 

Pythonでurllib.requestでmethodを渡すとunexpected keyword argument 'method'でエラーになる。

PythonJSONファイルをPOSTする処理を書いたが、以下のエラーで異常終了。

request = urllib.request.Request(url, data=json_data, method="POST", headers=headers)

TypeError: __init__() got an unexpected keyword argument 'method' 

 ググったらPython3ではmethodは良しなにしてくれるから入れなくてもいいらしい。

stackoverflow.com

Moodleをインストールする。

MoodleをCentOS7にセットアップした。

基本はこのサイトに従って、モジュールの更新、PHP5.6のインストールMariaDBのインストールMoodleのインストールを行えば完了。

Moodle: CentOS7にMoodle3.2をインストール

 

Moodleのインストールはモジュールを圧縮ファイルでダウンロードして展開しようと思ったけどなんかうまく行かなかったので、GitでCloneの方を試したら結構すんなりできた。

Git for Administrators - Moodle

f:id:name_untitled:20170426164244p:plain

 

次は使い方をもう少し勉強する。

Docs